Into the Vrains!

【CCS優勝者インタビュー】独創的な語不知火!siU【遊戯王デュエルリンクス】

11/29に開催されたCCS Cross Champion Ship #1で優勝されたsiUさんは2デッキ制というフォーマットながら同じデッキを2デッキ登録されておりました。
2デッキ制において、同じデッキを2つ登録することは不利な相手と対峙してしまうと詰んでしまうリスクがあるため、あまり一般的ではありません。
構築も独創的であり、配信のつんつんさんも非常に興味を持っておられましたのでインタビューをお願いしました。

siU

siUと申します。チームNEOに所属しています。

twitter:siU

構築と結果

構築

レベルコピー

2デッキ制で全く同じデッキ2つを使用した理由

使用出来るデッキが語り不知火しか無かったからです。

レベル上昇でなくレベルコピーにしたワケ

 レベルコピー
手札のモンスターカードを1枚見せ、自分フィールドのモンスターを1体指定して使用できる。指定したモンスターのレベルは、見せたモンスターのレベルと同じになる。このスキルはデュエル中に1度しか使用できない。
レベル上昇
手札のモンスターカードを1枚見せ、自分フィールドのモンスターを1体指定して使用できる。指定したモンスターのレベルは、見せたモンスターのレベル分だけ上がる。このスキルはデュエル中に1度しか使用できない。

サイド制の場合、サイド入れ替え札としてメインデッキを太らせ、スキルをレベル上昇に設定し《炎神-不知火》で耐えてサイドデッキから入れたカードを引き込める盤面を目指します。
しかし、今回はサイドデッキ無しの大会でした。そのため《王家の眠る谷-ネクロバレー》、墓所封印、【ブラック・マジシャン】といった【語不知火】の弱点に対して有効な《コズミック・サイクロン》《弩弓部隊》にアクセスしやすくなるようにデッキを組みました。
その結果、デッキを薄くし、かつそれらを引き込みにいけるスキルであるレベルコピーを採用するに至っています。

カード採用枚数について

総じて言えるのは「あのカードがデッキにあったらな…」という盤面はありますが、ある程度割り切って考えるようにしています
大会優勝だけを目指すのであれば、初手の上振れ狙う方が有効だと思っているからです。
この考え方はKCには当てはまりません。

《不知火の宮司》2枚

初手で複数枚被ってしまうとしょっぱいカードは採用枚数を減らしました
そのため《不知火の宮司》2枚、《不知火の武士》1枚にしています。

《牛頭鬼》

《牛頭鬼》
地 ★4 アンデット族 1700 / 800
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。デッキからアンデット族モンスター1体を墓地へ送る。
②:このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地から「牛頭鬼」以外のアンデット族モンスター1体を除外して発動できる。手札からアンデット族モンスター1体を特殊召喚する。

初手がモンスター3、4枚の時であっても《牛頭鬼》があれば②の効果により後続を呼ぶことができるため、選択肢を広げれられます
《不知火語-逢華妖麗譚》やレベルコピー+《不知火の物部》からの初動にも《牛頭鬼》が絡むと手数が増えます。 そのため1枚採用しました。

【語不知火】の有利/不利

有利

【天気】/【ガール召喚獣】などスローペースなデッキです。

不利

サイドデッキがない大会に合わせ、不利テーマを極力減らせるよう《コズミック・サイクロン》《弩弓部隊》を採用したので明確に不利なテーマは少ないです。
しかし、先攻展開して3ターン目にキルを構えるデッキは比較的嫌ですね。

さいごに

siU

いつも大会を主催してくださる方々には感謝しかありません。リンクス界隈を盛り上げて頂きありがとうございます!